新型コロナウイルス感染症対策について

2020年9月7日更新


ストライダーエンジョイカップでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の対策を独自に基本施策とするとともに、施設と連携を取り、安全な環境にて大会を実施いたします。 ご参加いただくお客さまにおかれましても、感染しない・させないを実現して、咳エチケットや手洗い等の感染対策にご協力いただきますようお願いいたします。 また、発熱などの症状がある方は、大会への参加はできません。 発熱がなくても体調不良の方はご参加・応援をご遠慮頂く等ご配慮くださいますようお願いいたします。 ※入場時の検温など、詳細は大会参加案内通知(大会10日ほど前にメールで送付)に記載いたしますのでご確認願います。

対応事項とご協力のお願い

①37.5℃以上の発熱、咳、鼻水、悪寒、関節痛、倦怠感、息苦しさ、体が重く感じる、疲れやすい、のどの痛みなど風邪の症状又は味覚・臭覚異常がある方は、ご来場をご遠慮ください。
②会場の行き帰り(移動手段)については、極力公共交通機関の利用を避け、自家用車をご利用ください。
③参加受付時など、走行を行っていない際や会話をする際にはマスクを着用し、咳エチケットにご協力ください。ご使用中は、必ず保護者の方がお子さまから目を離さないようにご注意ください。2歳未満のお子さまには窒息の恐れがあるため使用しないでください。
※熱中症のリスクがあるため、マスク着用をする際は保護者の方が熱中症予防にご留意ください。
④他の参加者がマスクを着用していない事を理由に誹謗中傷する事は絶対にしないでください。
⑤会場入場時に検温を実施する可能性があります(同伴者も)、37.5℃以上の方は入場できません。
⑥密を避ける為、参加カテゴリーの受付開始時間になってからご来場ください。
⑦受付列の間隔、スタート招集列の間隔確保。
⑧スタート招集の付き添いは1名までとする。
⑨会場内にアルコール消毒のスプレーを設置し、保護者で安全に配慮する
⑩レース中に守ってもらいたいこと
・競技中はマスクが汗に濡れ、呼吸ができなくなる危険性があるため、レース中の装着は出来ません。
・大声での応援などの抑制。
※飛沫を伴う可能性がある大声での声援はしないでください。
※直接接触となるハイタッチ、近距離(2m以内)及び集団での応援は極力お控えください。
⑪試走は一人一回とさせていただきます。(ゼッケンの若い番号順に試走が出来ますので、自分のゼッケン番号が呼ばれるまでは近くで待機していてください。)
※スタート練習はありません。
⑫表彰式の中止または縮小(表彰状・副賞は受付テントにて配布)。
⑬がんばったで賞の読み上げ割愛。
⑭パフォーマンスショーの割愛。
⑮スタッフのマスク着用をはじめ、感染防止の他、発熱などの体調管理の徹底。
⑯ドリンク・食べ物、マスク等のごみは各自密閉してお持ち帰りください。
※必ず、ごみを密閉するビニール袋などを持参してごみが散乱しないようにしてください。
※マスクや飲み残しのドリンク等を会場では絶対に捨てないでください。
⑰競技終了後は極力速やかにご退場いただくと共に、大会後の懇親会等行う場合も三つの密を避けてください。
⑱その他、主催者及び会場管理者の指示、 誘導があった場合は必ず従ってください。
⑲終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は速やかに大会事務局までお電話又はメールにてご報告ください。
※感染予防策は状況により変更します。

上記ガイドラインをもとに、消毒液などの設置、会場内のソーシャルディスタンスサインの設置、こまめな消毒などの実施対策を行います。

2020年9月7日掲載

■返金について

今後、新型コロナウイルス感染防止のため、大会が中止になる場合は、手数料(1,100円+振込手数料)を差し引いて参加料を返金いたします。
なお、今後行政機関や関係機関より新型コロナウイルスに関する要請や方針・指針が発令された際、定員削減・発表されている仕様変更を予告なく行う場合があります。
また、その発令内容により大会を延期または中止する事もありますので、予めご承知おき願います。
※大会中止の対応は上記ご案内のとおり
  • エントリーはコチラ ENTRY
スノーステージ
FOR FOREIGNERS
对中国人来说
ENJOY STAFF紹介
晴れときどきストライダーエンジョイカップ公式ブログ
メールマガジン
STRIDER 子どもの成長と共に走る

▲page top